10進法を発明したのは誰ですか?

ハルトンアーカイブ/ハルトンアーカイブ/ゲッティイメージズ

10進法は、西暦1世紀から6世紀の間にインドのヒンドゥー教の数学者によって発明されました。 このシステムは、以前にヒンズー教徒からシステムを取得したアラブ人によってヨーロッパ人に最初に導入されたため、ヒンドゥーアラビア数字システムと呼ばれることもあります。



10進法は、基数が10で、基数10と呼ばれることもあります。システムには整数と小数が組み込まれています。整数はピリオドの前に表示され、小数部はピリオドの後に10進数として表示されます。すべての小数桁の位置は、分母10が累乗される累乗によって決定されます。たとえば、6/10と6/100は、10がそれぞれ1と2の累乗になるため、0.6と0.06として表されます。累乗は小数点以下の桁数に対応します。