どの固体と液体が電気を伝導しますか?

ブレンド画像-LWA / Dann Tardif / Brand X Pictures / Getty Images

電気を通す固体と液体には、金属と水が含まれます。 これらの材料は、電流が流れることを可能にするため、導体と呼ばれます。



材料は、その電気伝導率によって定義できます。電流をまったく流さない材料を絶縁体と呼びます。完全な絶縁体というものはありませんが、電流に最も強く抵抗する材料には、ガラス、紙、セラミック、ほとんどのプラスチック、そして一般的にほとんどの非金属が含まれます。ある程度の電流を流すことはできるが、あまりうまくいかない材料は、半導体と呼ばれます。これらにはシリコンとゲルマニウムが含まれ、電子機器で頻繁に使用されます。

電流をよく伝導する材料は導体と呼ばれます。固体導体には、銅などのほとんどの金属が含まれます。これが、電気配線が金属でできており、外側がプラスチックコーティングされている理由です。電流は金属線を流れますが、プラスチックコーティングによって絶縁されています。金と銀も非常に優れた導体です。

液体が電気を通すには、高濃度のイオンが含まれている必要があります。蒸留水はイオンが非常に少ないため、導体が比較的貧弱です。液体にイオン性固体(食卓塩など)を追加すると、その導電率が向上します。水道水はイオンが豊富であるため、一般的に非常に優れた導体です。湖の水もそうです。そのため、雷雨の際に泳ぐのは危険です。酸または塩基を含む水も、酸または塩基が水に溶解するとイオンに分解されるため、優れた導体になります。水に溶解した硫酸または塩酸は、良好な導体になります。酢は一般的に酸が弱すぎて同じ効果がありません。