天文学者はどのような種類の機器を使用していますか?

Katie Deits /フォトライブラリ/ゲッティイメージズ

NASAによると、現代の天文学者のツールには、太陽、月、惑星、彗星、星から反射された光を研究できる高度な望遠鏡が含まれています。 電波望遠鏡は電波の研究に利用され、宇宙搭載のガンマ線望遠鏡はガンマ線の研究に役立ちます。



Astronomy Onlineによると、天文学者が観測する必要のある電磁スペクトルのセクションに応じて、さまざまなタイプの機器が天文学に使用されます。天文学者は、地球の表面から望遠鏡とラジオ皿を使用して、可視光線、電波、および近赤外線を観察します。望遠鏡は、フィルムレスの電荷結合素子カメラ、さまざまなフィルター、分光計などの追加のデバイスを備えています。これらのツールを使用すると、肉眼では見えない現象をキャプチャできます。

主流の天文学は、地下ニュートリノ検出器や重力波検出器などの特殊な機器をますます採用しています。望遠鏡とラジオディッシュをペアで使用して干渉計を導入することもできます。干渉計は、解像度を高めてより鮮明な画像を提供します。

初期の文明は、星を観察して理解しようとしましたが、天文学の装置を使用して星を研究していませんでした。ガリレオは最初の望遠鏡を発明し、1600年代初頭にそれを使用して、月の表面のクレーター、太陽の表面の暗いマーク、木星の周りを回る小さな月を観察しました。望遠鏡は、どんなに複雑であっても、屈折または反射の原理で動作します。