人体のどの部分が成長を止めないのですか?

ジョーダンシーメンス/タクシー/ゲッティイメージズ

イタリアの科学者たちは、軟骨からなる体の部分が死ぬまで成長し続けることを確認しています。これには、鼻と耳が含まれます。耳たぶには軟骨が含まれていますが、重力によって伸びます。



これが、高齢者では、耳と鼻が若い人よりもはるかに大きく見える理由です。大きな耳や鼻の外観が気に入らない場合は、鼻形成術などの形成外科手術を行って矯正することができます。思春期を過ぎると体の骨の成長が止まり、脂肪と筋細胞の分裂が止まります。

髪の毛や爪は死んだ後も成長し続けるという神話にもかかわらず、死後も体の部分は成長しません。この神話は、死後、体が脱水し、皮膚が爪や髪の毛の周りに引っ込められ、成長の錯覚を与えるという事実から来ています。

成長に関するもう1つの医学的神話は、眼球は出生時にフルサイズであり、成長しないというものです。それは誤りです。眼球は出生時の幅が約16ミリメートルで、3歳になるまでに23ミリメートルに成長します。眼球は思春期までに完全に成長し、幅が約24ミリメートルの最終的なサイズに達します。