インディアナのフロストラインとは何ですか?

ニコラス・グアリン/ CC-BY 2.0

インディアナ州の霜線は、冬の間に土壌の地下水が凍る深さです。 インディアナ州の雪線の深さは30〜60インチの範囲で、州の南部では30インチ、北部では60インチです。



地方自治体によっては、霜線は霜の深さまたは凍結の深さの名前で呼ばれる場合があります。住宅所有者、請負業者、およびその他のサービス専門家にとって、霜線を知ることは重要です。これは、ウォーターライン、デッキサポートなどがコードに対応するためにフロストラインの下まで延長する必要があるという事実によるものです。

これは、送水管にとって特に重要です。地面が凍ると、送水管も凍ります。氷が膨張するため、喫水線が壊れたり割れたりして、家や企業の所有者に頭痛の種を引き起こす可能性があります。

インディアナ州では、雪線は場所と標高によって異なります。これが、州全体の霜線の深さを示す霜線マップを利用できるようにすることが重要である理由です。州の北半分の霜の深さは60インチで、その地域のごく一部の深さは48〜54インチです。インディアナ州の南部では、非常に南の国境での30インチから、州の中心近くでの54インチまで、はるかに広い深さの分散があります。