料理の本質は何ですか?

7月はarsiray / E + /ゲッティイメージズができます

料理に使用される場合、エッセンスは濃縮された芳香抽出物を指します。 バニラ、トリュフ、アーモンドは、合成の形でも提供されるエッセンスの例です。



エッセンスは通常、フレーバーの少ないものに高品質のフレーバーを与えるために使用されます。たとえば、バニラエッセンスは、プレーンフロスティングで使用されることがあり、より豊かな風味を与え、独特の味わいを持たせることができます。より豊かな味わいは、味覚では得られませんが、鼻の嗅覚を誘発するために使用されます。嗅覚は、何かが匂いと同じように味付けされているという信号を脳に送ります。

食品のエッセンスは、人工的に風味付けされたゼリー、ジャム、飲み物を作るときによく使用されます。エッセンスは風味を劇的に変えることができますが、残りの成分は全体を通してほぼ同じままです。エッセンスは、追加の材料やレシピの大幅な変更を心配することなく、何かの味や香りを変える簡単な方法です。多くのエッセンスは製造が難しく、多額の費用がかかる場合があります。このため、調理に利用できるエッセンスのほとんどは合成です。それらの化学的構成は、自然に見られるものと同じですが、より安価に作成できます。