倫理的問題とは何ですか?

アントンゼルトフ/ E + /ゲッティイメージズ

倫理的な問題は、道徳と原則のシステムを対立させます。事実や客観的な真実と争うことができるほとんどの対立とは異なり、倫理的問題はより主観的であり、意見や解釈に開かれています。



倫理のカテゴリー

哲学者は倫理を3つの異なるカテゴリーに分類します。これらには、メタ倫理、規範的倫理、および応用倫理が含まれます。メタ倫理は私たちの倫理の根源を扱い、規範的倫理は正しい行動と間違った行動を定義することを含み、応用倫理は論争を引き起こす問題に照らして倫理の議論です。応用倫理は倫理問題の最良の例ですが、倫理問題を構成するもののトピックに飛び込むときは、3つのタイプの倫理すべてを考慮する必要があります。

倫理的問題の複雑さ

死刑を認めるべきかどうかや安楽死の道徳性などの倫理的問題に関する問題は、一般的に単一の受け入れられた答えがないということです。答えはしばしば個人的な意見や哲学に帰着するため、これらの倫理的問題は熱く議論されています。倫理は複数の答えを与える可能性があり、その答えが普遍的に正しくない場合もあります。たとえば、死刑は倫理的な問題であり、議論するのは困難です。犯罪の深刻さに応じて、他の人が生きるか死ぬかを決める力が人々にあるべきでしょうか?もしそうなら、人々が死刑を宣告される可能性がある、または刑を宣告されるべきである転換点は正確には何ですか?これらの質問では、何が正しく何が間違っているかを検討する必要があります。また、他の人が自分の行動に責任を持つようにする責任もあります。

倫理的問題に飛び込む

社会的問題に関しては、倫理的問題がしばしば議論の中心になります。倫理的ガイドラインは、個人の哲学、宗教、および政府からもたらされる可能性があります。これらの問題はまた、深刻な重みと結果をもたらし、それが今度は議論にさらに燃料を追加します。たとえば、中絶は熱く議論されているトピックです。議論の片側では、胎児は妊娠してから何週間経っても、権利を持った人であると人々は信じています。一方、グループは、胎児が一定の発育週数に達するまでは人ではないと信じています。資本罰について話し合うときと同じように、生と死の問題に関しては、自分の信念体系、育成、教育、または個人の哲学によっては、道徳的および倫理的ガイドラインが曖昧になる可能性があります。

さまざまな業界における倫理的問題

各業界には、取り組む必要のある独自のさまざまな倫理的問題があります。たとえば、ビジネスの世界では、ビジネス上の意思決定、職場での差別、契約を検討する際に生じる倫理的な問題があります。教育には、成績や成績の差などの倫理的な問題があります。医療業界は、幹細胞研究から特定の種類の治療法を選択する権利に至るまで、倫理的な問題に満ちています。倫理的な問題には非常に多くの異なる視点があるため、決心する前にすべての側面を考慮することが重要です。さらに、さまざまな州が、倫理的問題を中心に展開する特定の権利を人々に付与する連邦法と矛盾する場合もしない場合もある法律を制定しています。たとえば、オレゴン州やワシントン州など、医師による死亡を合法化した州がいくつかあります。しかし、国会議員や市民がこの慣行を許可することは倫理的に間違っているとみなす国の他の地域では違法です。