ソフトショルダーサインとはどういう意味ですか?

Johannes Plenio / Pexels

道路の路肩は、走行車線の隣にある緊急停止線です。柔らかい路肩の標識は、道路の側面がアスファルト以外の材料でできていることをドライバーに知らせます。一部の地域では、路肩の標識が柔らかいことは、道路状況が路肩で停止する危険性を高めていることを示しています。これは、ドライバーが注意する必要があるという警告サインです。



ハードショルダーとソフトショルダー

路肩が幹線道路の舗装された延長である場合があります。この一例は、州間高速道路の緊急レーンと呼ばれるものです。柔らかい路肩は、砂利、土、またはその他の傾斜機能材料でできている場合があります。路肩に使用する材料の種類や車線の幅などの詳細を決定する際、エンジニアは路肩の使用方法や道路上の車両の種類を考慮します。

NS 路肩の目的

路肩は、ドライバーのいくつかのニーズを満たします。まず、舗装に横方向のサポートを追加し、路面から水を遠ざけることで路面を保護します。また、身障者用の一時駐車場や、景色を楽しみたい方のための一時駐車場としてもご利用いただけます。

肩の合併使用

舗装された路肩は、緊急時に車線として使用することもできます。たとえば、2017年にハリケーンイルマがフロリダの海岸に接近したとき、州政府は州間高速道路の肩を交通に開放しました。これにより州間高速道路の容量が増加し、より多くの人々がより安全な地域に避難できるようになりました。

NS 彼は柔らかい肩の危険性

路肩が舗装されているか未舗装であるかをドライバーが知ることは重要です。パンクしたために車を止めたり、衝突を避けたり、写真を撮るために停止したりする必要がある場合は、車両が車線の境界を越えたときに何を期待できるかがわかります。路肩が柔らかい場合は、坂道や道路素材の変化により車両のコントロールが失われる可能性があるため、ドライバーは幹線道路を慎重に引き抜く必要があります。

NS 緊急停止のためのips

道路脇で障害のある車両に対処することは、不便以上のものです。また、危険な場合もあります。緊急時には、ドライバーは自分自身と乗客の安全を守るためにいくつかの予防措置を講じる必要があります。これには、可能であれば街灯の下で停止すること、ハザードライトをオンにすること、助けが到着するまで車内に留まることが含まれます。