ジュエリーに刻印された750はどういう意味ですか?

Tessa Sheremeta / CC-BY 2.0

ジュエリーに刻印された750の数字は、18Kゴールドであることを意味します。 ジュエリーは18金の純金と6部の金属合金です。



100パーセントの金の宝石は24カラットです。残念ながら、純金は耐久性があまり高くないため、宝石商は、へこみを防ぐために、より強力な金属を追加します。金の合金が多いほど耐久性は高くなりますが、カラットの数が少ないほど、ジュエリーの価値は低くなります。

ファインゴールドジュエリーに見られるその他の一般的な数字は、585(14カラット)と417(10カラット)です。番号833は20カラットの金で、純金の番号は999になります。

スターリングシルバーは925とマークされています。これは、92.5パーセントの銀と7.5パーセントの合金であることを意味します。銀は金よりも耐久性がありますが、合金はそれに追加の強度を与えます。場合によっては、数字の代わりに、スターリングシルバーのジュエリーに頭文字「SS」のマークが付けられます。

プラチナは現在結婚指輪に人気のあるメタルです。このホワイトメタルは通常、900または950でマークされます。これは、90または95パーセントのプラチナと10または5パーセントの合金です。イリジウムは多くの場合、白金と対になっている合金です。

ヴェルメイユ、または金メッキのジュエリーは、通常、金でコーティングされたスターリングシルバーです。ヴェルメイユの場合、厚いコーティングは14カラットの金にすることができますが、他の金に浸したジュエリーは18カラットまたは純金でメッキすることができます。