45度の角度はどのように見えますか?

マルコ・レスティボ/モーメント/ゲッティイメージズ

45度の角度は、直角の二等分線のように見えます。一方の軸を水平に、もう一方の軸を垂直に描くことによって直角を構成する場合、45度の角度は平坦な傾斜と垂直な傾斜の中間になります。



45度の角度を作成する1つの方法は、直線から始めて、コンパスを使用して垂直二等分線を作成し、最後に最初の直線と垂直二等分線の二等分線を作成することです。

方眼紙を使用することで、コンパスなしで45度の角度を描くことも可能です。 45度の角度の傾きは1であるため、原点(0,0)から始まる点(x、y)をプロットすることで角度を作成できます。ここで、xとyは同じ値です。たとえば、点(0,0)、(1,1)、(2,2)などをプロットし、これらの点の間に直線を引くと、線はx-から上向きに45度の角度を作成します。軸。