表面積は蒸発にどのように影響しますか?

Tristan Schmurr / CC-BY 2.0

液体は、分子が液体の表面張力から解放されて気体になるのに十分なエネルギーを得ると、空気中に蒸発します。これは表面、または液体と空気の界面でのみ発生するため、液体の表面積の量によって蒸発速度が部分的に決まります。



1ガロンの水を小さな首のボトルに注ぎ、キャップを外したままにすると、最終的には蒸発し、すべての液体が水蒸気になります。ただし、空気と接触する液体が少ないため、かなりの時間がかかります。対照的に、非常に長く浅い鍋に注がれた1ガロンの水は、より高い割合の水が空気と接触しているため、比較的急速に蒸発します。湖と海の大きな表面積は、雲と降水を形成するのに十分な蒸発を可能にします。

蒸発速度に影響を与えるのは表面積だけではありません。水の温度も蒸発速度に影響を与えます。温水は冷水よりも多くのエネルギーを含んでいるため、分子が気体状態に移行する速度は温度に比例して増加します。沸点に達すると、水はすぐに蒸発します。