ホメオスタシスは心拍数をどのように制御しますか?

Lars Plougmann / CC-BY 2.0

恒常性は、心拍数とそのすべての内部機能を調節して平衡を維持します。 Biology Onlineによると、ホメオスタシスは負と正のフィードバックシステムを使用して、人体を効率的に動かし続けます。



心拍数を制御する脳幹の部分は延髄です。延髄は、延髄錐体を介して化学的メッセージと神経インパルスを送信します。 DHearts.comによると、延髄錐体は、筋肉、臓器、および体の他の領域のすべての通信が行われる場所です。運動中や活動が活発な時期には、体の筋肉が脳幹を介して延髄にメッセージを送ります。次に、延髄は2つのホルモン、エピネフリンとノルエピネフリンを放出します。これらのホルモンは、脳幹を通って心臓に移動します。これらの2つのホルモンが洞房結節に到達すると、心筋の電気インパルスを刺激し、心筋をより速く収縮させます。

運動をやめたり、活動レベルを下げたりすると、体内の筋肉が髄質に別のメッセージを送り、アセチルコリンを放出します。このホルモンは心臓の収縮を遅らせ、心拍数を下げることで心臓を休ませます。

Biology Onlineによると、心臓の各拍動は、血液と酸素を体の筋肉と臓器に送り込むため、適切に機能することができます。酸素が体全体に供給されている間、二酸化炭素はすべての細胞、器官、筋肉、および血液を清潔で健康に保つために除去されています。